初めての1人暮らしなのに本当に気の毒です

この間、朝のワイドショーを見ていたのですが東京のある町で男性の一軒家にある松の木が道にはみ出しており、隣のマンションまで伸びていてそれがきっかけで住民トラブルが起きているというのです。松の木の下に男性は三角コーンを並べ、松の木の下を通る他の住民が「邪魔だ」というと怒って口論になっていたりしていました。その道を通る小学生などには罵声を浴びせたりはしていないようですが、隣のマンションの住民に対しては罵声を浴びせているそうです。
そこへ知らずに引っ越してきたある大学生がインタビューに答えていたのですが、「トラブルがあることを引っ越し当日の鍵の受け渡しの時に初めて聞いた」と言うのです。不動産業者は住民トラブルを分かっていながらも大学生に説明をせず賃貸契約を交わしたというのです。女性は初めての1人暮らしでそれだけでも不安なのに、引っ越し作業の時に男性から「2度とここを通るな」と言われてしまったそうなのです。とても気の毒な話で、親御さんも心配されていることでしょう。本当に住民トラブルには巻き込まれたくないものです。キレイモ 脱毛